マスク荒れについてのお話✨

今日はちょっと真面目なお話です!


ここ一年、マスクを着ける機会が多くなって 肌荒れやニキビなどの肌トラブルが多発してます。

マスクをするとなぜ肌トラブルが起こりやすくなるのか、今日は マスクによる肌荒れについてお話したいと思います。

①摩擦による刺激

マスクが肌に直接触れる部分は、摩擦による刺激から肌荒れやかぶれ(接触性皮膚炎)を起こしやすくなります。そして、肌がダメージを受けることで、肌を守る「バリア機能」が低下してしまい、ますます刺激を受けてしまいます。

②蒸れ

マスクの内側は吐く息で蒸れて高温多湿になり、ニキビを引き起こすアクネ菌などの細菌や雑菌が繁殖しやすくなっています。


③肌の乾燥

マスクをつけているあいだは吐く息がこもっているので、肌が潤っていますが、マスクを外すと一気に内側の水分が蒸発し、肌の水分まで同時に奪って乾燥を引き起こします。肌が乾燥するとバリア機能が低下して肌が不安定になります。

では、どうしたらよいのか、、、

まずは 肌が不安定にならないようにスキンケアを見直しすることをオススメします。

アンチエイジングの化粧品、美白や毛穴引き締めなどの沢山の化粧品がありますが 今だけでも構わないので、バリア機能を整える化粧品に変えてまず肌トラブルが起こらないない肌作りを行ってください!

次に、まだまだ続くマスク生活なので自分に合うマスクを探す!シルクやガーゼ、綿など様々なマスクがありますので 今お使いのマスクで肌が荒れた場合はちがうマスクを探すことをオススメします!

そして、免疫が低下しないようにバランスよく食事をして、しっかり睡眠を取ることをオススメします!

肌が不安定になると 心にすごくストレスがかかります。でも 肌は毎日生まれ変わっていますので、しっかりケアすれば確実にキレイになります!

一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です